ヨッピーノブログ

ミニ四駆塗装やガンプラ製作がメインです。

ガンダムマーカーでホログラフィック塗装ができるらしいので買ってみた

どうもヨッピーノです。

今回は、ガンダムマーカーでホログラフィック塗装ができると聞き、気になって購入してみたのでその感想をつらつらと書いていこうと思います。

ガンダムマーカーでホログラフィック塗装ができるだと?

ということで購入したのがこちら。3種類出ていて、左からシルバー、イエロー(ゴールド)、レッドです。すべて購入。

価格は税込み660円。ガンダムマーカーにしてはちょっと高いですが、本当にホログラフィック塗装ができるのであれば安いかもしれません。

以前、メッキシルバーが出たのを買ってレビューしていますが、それと同じような感じですかね。この時点では、正直あまり期待していなかったのでぶっちゃけ買うか悩みました。

 

この前のメッキシルバーは良かったですが、ガンダムマーカーってお手軽ですがムラができやすいしちょっと使いづらい印象があります。重ね塗りできないし。

今回もメッキシルバーの時のような感動があるといいけど。

早速お手並み拝見といきましょうか。

いざ実践

実践にしたがってテストピースも準備しました。

謎のミニ四駆ボディがあったのでこれに試していきます。昔ジャンク品をまとめ買いしたときに入っていたのですが、結局なんのマシンだかは不明のままです。

とりあえず、まずはそのまま使用してみました。

使ってみたファーストインプレッションは、色が薄いかなって感じましたね。もっとガッツリ着色するのかなって思いましたが、ホログラフィックを出すため着色は薄いのかもですね。基本ガンダムマーカーは1回の使用でめっちゃ色がのりますから。

んで、2回塗装して乾かしたのがこちら。

おお、結構いい感じ。

しっかりホログラムが入っていてキレイなんですけど、画面越しには多分伝わらない。

なので今回はこいつを使いました。

ガンダムマーカーエアブラシシステム~!!(大山ドラ〇もん風)

レビューしてずっと放置してたんですが、ついに活躍の日がきました。やっと出番ですぜ親分。

んで久しぶりに使ってみたんですが・・・使いづれぇ。

久しぶりなんである程度は覚悟したてんですけど、こいつは大変だったぜ。そして特にこいつの存在があれで使いづらかった。

エアー元の缶なんですけど、吹いてるとすぐに缶が冷たくなってエアー圧が下がりやがる。そのせいでちょっと吹いては休んで吹いては休んでの繰り返し。

キーーーってなったので、結局変換コネクタを購入して所有しているREVO2に繋げて使用しました。

マジで、ボボボー〇・ボーボボのつけものくらい使えない、ガンダムマーカーエアブラシシステムは良い、ただしつけもの、てめえはダメだ!

ホログラフィック塗装ええやん

というちょっとしたトラブルもありましたが、なんとか塗装できました。

ガンダムマーカーエアブラシシステムに慣れてなくて自分の吹き方が悪かったため、ちょっと粒子が粗いですが良い感じです。

まさかガンダムマーカーでホログラフィック塗装ができるとは、ちょっと感動してしまいました。メッキシルバーの時も感動しましたが、ガンダムマーカーの進化が凄いです。

 

ただ残念なことに、重ね塗りできない塗料なので本格的な塗装に使えないのが勿体無いです。ラッカー塗料やアクリル塗料の上に吹いちゃうと溶けちゃうらしいので。(ガンダムマーカーはアルコール塗料)

 

とはいえ、ここまで進化したガンダムマーカーは本当に凄いと思いました。

 

1度ガンダムマーカーのみで塗装してても面白いかもしれませんね。重ね塗り前提のミニ四駆は無理ですが、ガンプラならできそうなので、機械があったら試してみたいと思います。

 

ということで今回はここまで、また次回の記事でお会いしましょう。