ヨッピーノブログ

ミニ四駆塗装やガンプラ製作がメインです。

ガンダムEz8を組む(HG 1/144)

どうもヨッピーノです。

今回はガンプラHGのガンダムEz8を組み立てたので、その感想をつらつらと書いていこうと思います。

第08MS小隊所属のガンダムEz8

ということで今回は、HGのガンダムEz8です。

いやー、懐かしいモビルスーツです。08小隊(第08MS小隊所属)はすごい子供の頃に兄貴とOVAで見た作品で、このガンダムEz8は「ツノが無いガンダム」って記憶に残っていたガンダムです。もうかれこれ20年以上前になるので時が経つのは早いですね。

 

搭乗していたシロー・アマダも印象に残っていて、第1話でボールでザクと対等に戦っていたので「もしかしてすごいパイロットなのか?」と、子供ながらにワクワクしながら見ていたものです。あと、幽遊白書の飛影と同じ声優さんだったので強く記憶に残っていたのでしょうかねぇ。

 

当時は連邦軍のモビルスーツは種類が少なった(ガンダムとジムしかなかった)のですが、この作品から陸戦型ガンダムや陸戦型ジムといったモビルスーツが出てきて連邦軍のモビルスーツも徐々に種類が増えていった感じがします。

 

ストーリーはあんまり記憶に残っていないのですが、暖を取るために雪山でビームサーベルで温泉を作ってたのはよく覚えています。子供の自分にはちょっと刺激が強かったぜ。今は少し時間もあるので見直してみようかな。

 

話しが少しそれましたが、お値段は1560円でした。

うーん安い、これよこれ。HGはこれくらいの値段で買えるのが魅力なのよ。

最近は円安もあって色々な物が値上がりしてますが、この価格で販売してくれるバンダイさんにはほんま感謝やで。

 

中身はこんな感じ。

ランナー数はそこまで多くはないので組みやすそうですね。色分けもバッチリそう。最近のガンプラは作りやすいし色分けもしっかりしてるので、バンダイの技術力はやべーとつくづく思います。他社のプラモデルを触るとその差がすごくて、例えると高低差がありすぎて耳キーンとなる的な。

説明書は子供も大人もワクワクできるような感じになっていて好きですね。自分もこの説明書を見て少し少年の心を思い出しましたよ(40代中年男性)

とりあえず素組みしてみます。

ガンダムEz8机に立つ

というわけで完成したのがこちら。

うーん、カッコイイぜ。Ez8はガンダムに無い、いぶし銀的なかっこよさがありますよね。しかしよくできてるなぁ、フォルムも色分けもバッチリです。

腕と足は2重関節になっていてめっさ動きます。

色々なポージングができそうです。

付属品はこちら。

ライフル2丁とビームサーベル、シールドと専用の腕パーツ、そしてEz8特有のパラシュートが付いてきました。これで1560円は安いな。

さて、塗装はどうしようか今考え中です。

ここ最近、組み立ての記事しか書いてなくて申し訳ないですが、裏でしっかり塗装もしているので完成したら順番に記事にしていきます。遅くて申し訳ねぇ。

 

ということで今回はここまで。次回の記事か動画でお会いしましょう。